企業をもっと成長させたい人へ

自社の効率性を上げたい・成長させたいと考えている企業は、組織改善という方法を利用してみましょう。プロのコンサルタントや、マネージャーが企業にあった適切な対策方法を考えしっかりサポートしてくれるため、効率よく改善していくことができるかもしれません。大きな企業であれば、連結納税システムを導入することもできます。一つの会社だけでなく複数の会社でまとめて納税を行うことで得できることもあるので、コンサルタントに相談しながら自社に合ったシステムを採用しましょう。また、タレントマネジメント機能も見逃せませんよ。適切な人材配置ができるため、業務を効率よく進められ、結果的に企業の成長にも大きく貢献できるためです。何か使えるものがあれば、どんどん活用していきましょう。

企業の悩みはプロに相談

オフィス

組織を変える

組織状態を可視化・定量化・することで現状を把握し目標などを明確にすることができます。組織改善を考えている人達は、プロのコンサルタントに依頼し相談してみましょう。どんなサポートをしてもらうことができるのか、どんなふうに改善することができるのか気になる・・・という人は組織改善について調べてみてください。

詳しくはこちら

ミスを減らして効率UP【CTI導入を検討する前に抑えるべき情報】

パソコンを操作する人

CTIとは

電話営業をメインにしている企業は、CTIについて詳しく調べてみましょう。CTIとは、電話やファックスのように電話回線を使用するサービスとコンピューターとを繋げる便利なシステムのことをいいます。システムと連動させることで
・顧客からの着信時に顧客情報がパソコンに表示される
・パソコンを使って電話の発着信が可能になる
・顧客管理システムとつなげることが可能
・自動音声で対応することができる
・電話対応中の様子をモニタリングで確認できる
・通話内容が録音できる
といった便利な機能が搭載されています。CTIシステムには二種類の設置方法があるため、予算や利用方法などに合わせて選んでみましょう。

男性

導入前に抑えておくべきポイント

CTIシステムを導入する前に、複数のポイントをチェックしておきましょう。1つ目歯は、クラウド型であるということです。クラウド型の方が比較的設置にかかるコストが安いため、ネット環境があれば簡単に利用することができます。二つ目に確認するべきポイントは、自動ダイヤル機能があるかどうかです。この機能があれば、顧客リストを確認しながら一人ひとりの顧客に電話をかけるといった手間を省くことができるため、他の業務に人材を回すことができます。

男女

CTIシステムのクラウド型と設置型の違い

CTIには、クラウド型と設置型がありそれぞれ魅力が違います。クラウド型は工事が不要のため、初期費用を抑えることが可能です。また、拡張性が高いため、徐々に顧客情報拡大していこうと考えている企業にとっては最適な方法です。ネット環境が整っていれば、どこでも使えるというのも魅力の1つでしょう。
設置型のCTIは、インターネットに接続せずに使うためセキュリティ面では安心と言われています。また、インターネットが不要なため、ネットトラブルが発生したときでも利用することができるでしょう。

PCを操作する人

導入メリット

CTIシステムを導入するメリットの中でも、注目されているのがコスト面です。クラウド型なら初期導入費用カットだけではなく、ランニングコストを抑えることができるというメリットがあります。また、システム更新やメンテナンスなども不要のため、利用しやすいでしょう。その他にも、生産性向上効果にも期待できると言われています。業務の可視化により、オペレーターの人員調整も行ないやすいというメリットもあるでしょう。